Monthly Archives: 2月 2017

店不要!のセルフネイル

私の得意なことはやけに「ネイル」です。ネイルといってもそれほどネイリストではなく「セルフネイル」から自分で自分のネイルを取りまとめることがお家芸です。
普段はレストランに勤務しているので、ネイルは言語道断がツアーなどで長期間引退を頂く場合にはともかくネイルを行う。抱き締めるネイルの総量も50を超えるほどあり、その中で色合いを数種類組み合わせて「レオパード前述」「フレンチ前述」「ドット前述」など……やり始めてから終えるまでに必ず時間がかかりますし、メンタリティ、忍耐のいらっしゃる進め方ですが完成したあとの魅力はかなりのものです!詳しい前述を描くときはネイルに存在した筆ではつらいので文房具売り場で購入した筆先の細かいものを依頼、利用しシルエットを慎重に描いたり行う。
右側手利きなので、右側のネイルをするのが一体全体難しいですがきっちり慎重に丁寧にするように行う。出来上がったネイルは近所は私の指先を見て「サロンでしたの?」と言いますが自分でやったのよ、と言うとほんとに褒めて受け取る!http://xn--yck5cqaa.jpn.com/

クリスマスと年始の間に妻が「子供たちと共にいる」ことを証明する

私の奥様も昨今「セル不要」を聞いて、クリスマスと正月の間に主人が「子供たちと共に掛かる」ことを証明するために一寸を取ろうと努めました。主人はいなせで最新のものであるという意味です。しかし、主人は定期的にカメラのウエイトを変更する計画を忘れているので、主人の方に向いていて、指は再三レンズを覆っています!また、フィルムを撮るときにカメラを動かして、ぼやけてしまうこともあります。

主人の好きな過失は、誤ってシステムをDVDに変えることです。そのため、主人が主人の「フィルム」を振り返ってみると、主人は数値秒間静止して笑っているのを見ることができ、「おや、再び異なる! ‘それは身を年中笑わせてくれるし、幸いにも私の友達たちも父兄と技ものの論点を抱えている!

私の奥様が主人のコンピュータで何かをする計画(何百回も!)を聞いたときにたまに身はトラブルになる。しかし、身は我慢を持って主人を助けようと行う。主人は今も次女に助けを求めるようになったので、主人はたえず身に頼んでいない!!

私の父兄はテクノロジーに優れています。奴らは身がちっちゃな子どもだったケース、実に身を苦しめました。私のおとうさんはデザイナーなので、Photoshopを身に任せました。主人は実際には端末のオペレーターなので、私の奥様は身にMSWordを押しつけました。現下身はテクノロジーの父兄よりはるかに優れているとは言えません。

唯一のことは、身はそれより早く入力することです。audioparasitics.net