ペチュニアを長く楽しむ方法

春から秋にわたって、長く咲いていただけるペチュニアはガーデナーにとりまして欠かせない花の一つでもあります。そのペチュニアは買ってきて、ただ植えるだけでは長く楽しめません。ちっちゃなキャラクターが入ります。それは、たいして買ってきたポット苗を鉢に植えた際に、もったいないのですが咲いてある花、蕾を積んで仕舞う。これを摘心といいます。葉っぱだけの情けない流儀になるが2,3週間もすればまた時として花が咲きだします。摘心は枝回数が生じるための操作で、これをすることにより花回数も増えます。
ペチュニアは肥料を好む植物なので、液肥を添えるというサクサク成長してくれる。アッという間に株流儀が大きく、花を色々咲かせてくれる。ただ、ここでいまひとつキャラクターがあります。ペチュニアは降水にないので、梅雨入り頃に半分くらいの高さに切り戻します。その時に葉っぱの付け根を残すように下回ると、次の芽が出やすくなります。こうすることで、梅雨にかけの蒸れを防ぐことができます。花やつぼみを切ってしまうのが大変口惜しい気がするのですが、そういった操作をする成績、徒長する事なく秋まで綺麗に咲いてくれて長く楽しむことができます。顔汗 止める