2014ご時世夏季コミック最大のダークホース「少年ハリウッド」

一部の不規則を除き、TVアニメはドラマ同等、1伊達(3カ月)もしくは2伊達(半年)を1別として番組わたる。毎度「今期はこれが一番」などと、好みの間近い身寄りと話し合ったりするのは醍醐味のうちだが、今番組インサイドの2014年代夏場アニメの中でダントツに輝いているのは、個人的に「少年ハリウッド」だとおもう。

5人の少年をヒロインとしたアイドルものではあるが、大一撃作品「うたのプリンスさまっ」のような華やかさは0です。整っているがきっちりし過ぎた持ち味構想はひたむきくどいなと思うし、申し立ての談話も、ほとんどどろどろはしていないものの、知らなくても宜しい影の部分にわざと光を当ててある。
そんなアニメの何がいいかといえば、スクリプトが抜群に頼もしいので、毎度引き込まれて見てしまう。これほど「本日も口上がよかった」「スクリプトの出来が嬉しい」と異口同音に褒められるアニメも先日物珍しいのではないかとおもうほど、サイトには「同志」が散見される。

毎陽気、終わったらうら淋しいだろうなとおもうアニメはとにかく人数ガイドあるが、さすがに泣くまでには至らない。でも、本日ばかりは最終回に泣くかもしれない。そのくらい入れ上げてしまっている。マイクロダイエット激安